不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

薩摩なた豆爽風茶を飲んだ体験談

  

年をとってからいつも喉の奥の方がイガイガしてなんだかいつも落ち着かなかったんです。

  

子供の頃、祖父がよく、痰が絡むといって吐き出していたのですがまさに自分もそうなっていて何だか嫌だなと思っていたんですよ。

  

いかにも年を取ったという感じがして、ちょっと落ち込んでいたんですがそういった時に知り合いから薩摩なた豆爽風茶を紹介されたんです。

  

その知り合いの奥さんが蓄膿症なんだそうですが、この薩摩なた豆爽風茶を飲んでから蓄膿症が改善してとても楽になったと話してくれたんですよ。

  

蓄膿症に効果を示すのであればもしやこの喉の奥のイガイガにも効くのではないかと思い、自宅に帰ってからパソコンをつけて薩摩なた豆爽風茶について調べてみたところ通販で買うことができることが分かったんです。

薩摩なた豆爽風茶を飲んだ体験談
薩摩なた豆爽風茶を飲んだ体験談

  

それで早速お試しパックの購入手続きをしたんですよ。

  

こういった通信販売を利用したことがなかったので本当に大丈夫なのだろうかと思っていたのですが、

  

手続きをした5日後にはもう薩摩なた豆爽風茶のお試しパックが届いたのでその日のうちに飲んでみました。

  

なた豆茶というものは一切苦味はなく、とても飲みやすいお茶でしたよ。

  

嫌な臭いや味はまったくせず、とても爽やかな香りがしてストレスになることなく飲むことができとてもよかったですね。

  

このおいしさで喉の不快感もすっきりするのですから、これほどありがたいものは他にありません。

  

偶然知った薩摩なた豆爽風茶ですが、今はなくてはならないものになっていますよ。

  

  

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。