不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

薩摩なた豆爽風茶は蓄膿症に効果のあるなた豆茶です。

  

薩摩なた豆爽風茶は蓄膿症に効果のあるなた豆茶です。

  

薩摩の大地で太陽の陽をたくさん浴びて育った上質ななた豆を主原料とし、黒豆やハトムギのほかクマササや桑の葉をブレンドした香ばしくて飲みやすいお茶にしてあります。

  

薩摩なた豆爽風茶はなた豆に含まれているカナバニンという成分が、蓄膿症により出てくる膿や炎症を抑えることで、臭い鼻汁やつらい鼻づまりなどの症状を軽減していきます。

  

また黒豆やハトムギ・クマササに含まれている豊富なビタミンやミネラルが、鼻づまりなどの症状によりすぐれない体調を整え回復する手助けをしてくれます。

薩摩なた豆爽風茶は蓄膿症に効果のあるなた豆茶です。
薩摩なた豆爽風茶は蓄膿症に効果のあるなた豆茶です。

  

さらに薩摩なた豆爽風茶には花粉症などによる鼻水やくしゃみの症状を抑える効果もあり、蓄膿症や歯周病が原因の口臭を除去する効果もありますので、人との会話も苦にならなくなりエチケットにもなります。

  

もともとなた豆茶は口臭に効果のあるお茶として知られていましたが、最近では蓄膿症をはじめとするさまざまな疾患に効果のあることがわかってきました。

  

例えば花粉症で鼻の症状が出なくてものどの調子が悪くなったり、また痰がからんだり咳が止まらないなどの症状にもなた豆茶が効果を発揮することが判明されました。

  

さらには体が重くて倦怠感がある場合にも効果のあることがわかっています。

  

薩摩なた豆爽風茶はすべて良質な国産原料で作られてますので、子供からお年寄りまで毎日飲むお茶として安心して続けることができます。

  

特にこれからの花粉の時期には、需要が高まっている健康茶の一つです。

  

  

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。