不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

薩摩なた豆爽風茶について

  

蓄膿症や鼻炎などは周囲の人が傍目に見る以上に本人は苦しく辛いものです。

  

鼻の詰まりや鼻の周りの重い感じなどは経験した人でなければなかなか理解し難いものがあります。

  

花粉症なども含めてこのような鼻炎関連の症状が出ると多くの場合は耳鼻科に通いますが問題解決に至らないケースも少なくありません。

  

そのような人たちの間で話題になっているのがなた豆茶です。

  

なた豆茶を飲んでいると症状が改善されたという声があがっているのです。

  

なた豆には膿を体外に排出する作用があると昔から注目されていました。

  

なた豆に関しては中国が明の時代に上梓された薬学書である本草綱目にもその記述があります。

  

そのようななた豆の効能に注目して開発されているのが薩摩なた豆爽風茶です。

  

薩摩なた豆爽風茶について
薩摩なた豆爽風茶について

  

なた豆の中でも薩摩なた豆が選ばれているのはその栽培されている土壌に関係があります。

  

鹿児島のシラス台地には豊富なミネラルが含まれています。

  

その豊富なミネラルを栄養素として吸い上げた薩摩なた豆は成長力がずば抜けているのです。

  

また含まれている成分に関しても健康食品を製造する上で申し分のないものとなります。

  

そのような薩摩なた豆が使用されているからこそ爽風茶には十分な効能が期待できるのです。

  

爽風茶にはその他にも様々な栄養素を含んだ原料が配合されています。

  

イソフラボンやアントシアニンなどを含んだ黒豆、ビタミンやカルシウムなどを含んだ桑の葉など国産原料7種類をブレンドしたのが薩摩なた豆爽風茶です。

  

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。