不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

薩摩なた豆と口腔疾患の解消

  

テレビショッピングなどで人気のなた豆茶で有名な薩摩なた豆は、飲みやすい方法を最優先に取り入れているということもあり、より多くの人に活用できる幅が広がっています。

  

特に爽風茶と呼ばれる後味がよいものは、高齢者向けにピッタリの風味で人気の根幹を支えているきっかけにもなっているのです。

  

最近は口腔系を清潔に保っていけば、長生きができるといった研究結果も報告されていて、

  

口腔ケアを大事に見ていこうという動きが各地域で始まっています。

  

薩摩なた豆と口腔疾患の解消
薩摩なた豆と口腔疾患の解消

  

ある事例に目を通していけば、蓄膿症を薩摩なた豆によって解消するようなことが現実となったといううれしい報告も出ていて、

  

ある意味での殺菌効果も含まれているということがわかっているのです。

  

抜歯した歯茎から感染が広がっていったということがこの例ではさらにわかっており、早期に何らかの治療を施していく重要性も併せて説いています。

  

それから薩摩なた豆茶は日々必要な水分量を確保したいという方にもピッタリな飲料で、緑茶などと同じペースで愛用しても全くと言ってよいほど問題がないといううれしいデータも出ているわけです。

  

夏の時期などにもなた豆茶は持って来いの存在で、農作業をしている方が常にペットボトルに携帯しているという話はもはや有名になっています。

  

以上のことを冷静に振り返り、口臭をはじめとする症状の回復に強い薩摩なた豆茶を上手に使用することが大事なのです。

  

そのため、蓄膿症への救世主ともある意味では呼べるのではないでしょうか。

  

  

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。