不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

薩摩なた豆がたっぷり入った爽風茶を飲んでスッキリしよう

  

蓄膿症で悩まれている方や、鼻やのどがいつも詰まったような感じがしてすっきりしない方は、薩摩なた豆が主成分の爽風茶を飲まれることをおすすめします。

  

このお茶には、鹿児島県薩摩地方のシラス台地で育ったなた豆がたっぷり入っています。

  

なた豆茶は、朝の鼻がぐずぐずするのを解消してくれるだけでなく、蓄膿症にも有効であることが言われています。

  

手術をすることにより蓄膿症を治すことは可能なのですが、手術にためらいを感じておられる方は、ぜひ薩摩なた豆をたっぷり含んでいる爽風茶を飲まれてはいかがでしょうか。

  

また、なた豆茶を飲むことにより、歯周病の予防に役立つだけでなく、口臭や口内のねばねば感を和らげてくれます。

  

のどや鼻が詰まる不快な症状で悩まれている方も、颯風茶を飲まれることをおすすめします。

  

朝起きると体が重くすっきりしない方も、このお茶を飲むとそのような不快な症状を軽減してくれるはずです。

  

薩摩なた豆がたっぷり入った爽風茶を飲んでスッキリしよう
薩摩なた豆がたっぷり入った爽風茶を飲んでスッキリしよう

  

爽風茶には、栄養豊富な薩摩なた豆が含まれているのですが、それ以外にも、黒豆・鳩麦・薩摩くず草・赤芽柏・クマ笹・桑の葉も入っています。

  

これらには、すべて健康を維持するのに必要な成分が含まれているので、爽風茶を継続的に飲めば、健やかな毎日を過ごすことになるでしょう。

  

さらに、このお茶は焙煎して製造されているので、とても香ばしいと評判です。美味しいので、毎日続けられそうです。

  

蓄膿症や鼻のぐすぐすでお悩みの方は、薩摩なた豆がたっぷり配合されている爽風茶を購入されることをおすすめします。

  

  

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。