不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

蓄膿症の改善に効果のある薩摩なた豆の爽風茶の特徴

  

蓄膿症は鼻の奥の部分に膿が溜まる病気になり、様々な不快な症状を引き起こします。

  

例えば、息が詰まって苦しかったり、嫌な臭いを発したり、鼻づまりによって味を感じることができなかったりと様々な不快な症状がでる病気です。

  

しかも蓄膿症を患うことによって、生活に支障をきたすこともあります。

  

蓄膿症になる原因は風邪や花粉症やアレルギーになり、鼻の炎症が長引くことによって起こります。

  

そして治療方法として、点鼻薬などの医薬品を使って膿を外に出したりしますが、症状がひどくなると手術をすることもあります。

  

しかし医療機関に行く時間がない人やもともと花粉症やアレルギーを持っている人には、薩摩なた豆の爽風茶を飲むことで蓄膿症を改善できます。

  

薩摩なた豆,爽風茶,蓄膿症,なた豆茶,
薩摩なた豆,爽風茶,蓄膿症,なた豆茶,

  

薩摩なた豆の爽風茶は、蓄膿症による様々な不快な症状を抑える働きがあります。

  

そしてなた豆茶は古来より鼻をスッキリするために使われきた実績があり、安心して飲むことができます。

  

しかもなた豆茶は身体の内側から効果を発揮するため、蓄膿症による様々な不快な症状を抑えることができます。

  

爽風茶には薩摩なた豆が使われていますが、一般的ななた豆茶との違いは育つ台地によるものです。

  

薩摩なた豆が育つ台地には、豊富な栄養成分が含まれているため、それをしっかりと吸収して育ちます。

  

しかも薩摩なた豆の爽風茶には、健康維持に効く様々な国産の自然由来の成分が配合されています。

  

そのため安心して飲むことができ、また香ばしさがあるため美味しく飲むことができます。

  

蓄膿症で悩んでいる場合は、薩摩なた豆の爽風茶を飲むことで、毎日をスッキリと過ごすことができます。

  

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。