不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

健康の維持に役立つ爽風茶

 健康の維持に役立つ爽風茶/なた豆茶でもう息苦しくない/美味しくお茶するだけでスッキリ爽快な毎日に。
 
 

人間にとって日常の食生活は、生命を維持するうえで、とても大切な役割をしているよね。

 

とくに水分補給をすることは、より重要度が高くなるんだよ。

 

だって、水分を補給しなかったら、人間は10日もすれば、命を繋ぎ止めることが出来ないんだものね。

 

そうした水分補給をする方法として、日本人はよくお茶を飲むんだよ。

 

日本人がお茶を飲む量は、世界的に見ても、とても多い方の部類に属するんだ。

 

日本人がお茶を好むのは、もちろん味の好みもあるんだけど、その効果の高さも理由なんだよね。

 

例えば、日本のお茶として有名な抹茶は、ビタミンCの量がほかのお茶よりも多いんだ。

 

このような日本のお茶の中で、最近口コミで広がっているのが、爽風茶というお茶なんだ。

 

爽風茶は、鹿児島で生産された、なた豆というものから生産されているんだよね。

 

なた豆は、実は免疫力を高める効果があると、昔から言われてきたんだよ。

 

そのため、最近増加傾向にある、花粉症などのアレルギー性鼻炎に対して、よく利用され始めているんだ。

 

アレルギー性鼻炎は、アレルギー疾患の一種だよね。

 

アレルギー疾患というのは、抗原に対して免疫系が異常に反応する疾患なんだ。

 

その点から、免疫力を向上させることが出来れば、アレルギー性鼻炎の症状改善も期待できるんだよ。

 

また、免疫力というのは、ヘルペスとの関係が深いよね。

 

ヘルペスは、身体の神経に沿って、水泡や痛みを起こす疾患なんだよ。

 

そのヘルペスは、ストレスなどで免疫力が低下した時に、発症し易くなることが知られているね。

 

そういう意味からすると、ヘルペスの予防にも、爽風茶は効果を発揮する可能性が高いんだ。

 

このように、爽風茶を飲むことは、健康の維持に大きな役割を果たしてくれる可能性が高いんだよ。

 

 
 

薩摩なた豆爽風茶/国産厳選素材にこだわった安心の健康茶!お得な定期コース割引&送料無料!

[tip]

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。

[/tip]