不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

インフルエンザと爽風茶

インフルエンザと爽風茶/なた豆茶でもう息苦しくない/美味しくお茶するだけでスッキリ爽快な毎日に。

 
 

日本は高齢者が増加していることもあって、全般的に健康への意識が高まってきているよね。

 

とくに、食事や飲み物を健康に役立てようという意識が、日本人は高いんだよ。

 

その背景には、医食同源と言う、東洋医学的な考えたが、根付いているからなんだ。

 

そういう意味において、日本人は毎日口にするお茶に対しても、特別な感情を抱いているんだ。

 

だから、健康に良いお茶があるとなると、とても興味をそそられるんだよね。

 

健康に良いお茶と言っても、いろいろな要素があるけれど、免疫力というのは、大きなポイントだね。

 

免疫力が低くなると、それだけ様々な病気に掛かり易くなる。

 

反対に免疫力が高いために、病気にほとんど掛からないという人もいるんだよ。

 

この免疫力は、これから寒くなっていく時期には、とくに大切になってくるよね。

 

寒くなってくると、最近流行することの多い、インフエルエンザが増えてくるんだ。

 

そのインフルエンザでは、掛かる人と、掛からない人に分かれるよね。

 

その掛かるのと掛からない人の差は、いくつかの要素があるけど、免疫力が重要なんだ。

 

例えば、この秋の時期にインフルエンザの予防接種を、することが多いよね。

 

インフルエンザの予防接種の目的は、ウイルスに対する免疫力を、前もって獲得しておくことなんだ。

 

反対に言うと、免疫力が高い人は、予防接種をしなくても、ウイルスに負けない可能性が高いんだ。

 

こうした免疫力を高めてくれるお茶として、口コミで人気になっているのが、爽風茶なんだよ。

 

爽風茶の原料は、なた豆というんだけど、昔から免疫力を高めると言われてきたんだ。

 

したがって、爽風茶を取り入れると、インフルエンザの予防にも、役立つ可能性があってオススメだよ。

 

 
 

薩摩なた豆爽風茶/国産厳選素材にこだわった安心の健康茶!お得な定期コース割引&送料無料!

[tip]

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。

[/tip]