不快なネバネバ・ドロドロをスッキリ!【薩摩なた豆爽風茶】

なた豆爽風茶について

なた豆爽風茶について/なた豆茶でもう息苦しくない/美味しくお茶するだけでスッキリ爽快な毎日に。

 
 

なた豆とはマメ亜科の一年草で、昔から漢方薬の一つとして重宝されてきた植物になります。

 

最近では漢方薬として以外にも、健康食品や健康茶として一般にも普及しています。

 

 なた豆は熱帯地域を原産地としていて、日本には江戸時代に中国から伝わったとされています。

 

毎年夏になると白色やピンク色の花を咲かせて、その後に枝豆やインゲンのように鞘に入った実が出来ます。

 

この実の鞘がとても大きく長いのが特徴となっていて、基本的に30~50センチ程度になります。

 

 日本でなた豆と言えば福神漬けの具の一つとして使われている事で有名で、鞘ごと実を薄く切って漬け込みます。

 

それ以外にも最近では、お茶として飲むという利用方法をするケースも増えてきています。

 

ちなみにお茶にして飲む場合には、基本的には鞘は使わず、実だけを利用します。

 

なた豆を使ったお茶は健康に良い効果が多いとして、多くの人達の注目を集めています。

 

 なた豆茶が持っている効果として、代表的なものに蓄膿症の改善効果が挙げられます。

 

蓄膿症とは鼻周辺にある空洞に膿が溜まってしまうという症状で、常に鼻水が出たり臭いに悩まされたりします。

 

なた豆には、こういった症状や炎症を和らげる効果が期待出来るので、常日頃から飲み続けると効果が出てきます。

 

 それ以外にも歯周病や口臭の予防、肝臓病やメタボの改善等にも効果があると言われています。

 

 このように健康に良いなた豆茶はぜひ日頃から飲みたい物なのですが、現在では多くのメーカーが販売をしていて迷う事も少なくないです。

 

そんな時におすすめなのがなた豆爽風茶で、口コミでも人気が広まっています。

 

 なた豆爽風茶に使われているなた豆は鹿児島県で栽培された、完全に国産の物を使用しています。

 

また、なた豆以外にも黒豆や鳩麦、クマ笹や桑の葉等も配合されていて、様々な健康効果をもたらしてくれます。

 

味も豆の香りが香ばしく変なクセもないので、非常に飲みやすいと好評になっています。

 

 
 

薩摩なた豆爽風茶/国産厳選素材にこだわった安心の健康茶!お得な定期コース割引&送料無料!

[tip]

「なた豆」で蓄膿症(歯性上顎洞炎)が改善!“刀豆ナタマメ協会”より

なた豆は歯周病だけでなく、それ以外の口腔疾患への効果が期待

歯学博士の伊藤道一郎さんが『歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験』という論文を日本口腔外科学会で発表しました。

12人の患者さんのうち10人に改善がみられました。

改善するまでの期間は、早い人で約二カ月、1番長くかかった人で約1年半、平均で四カ月半後には、患部の回復がみられました。

[/tip]